福岡県弁護士会筑後部会

部会長からのご挨拶

 

 福岡県弁護士会筑後部会のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 平成30年度福岡県弁護士会筑後部会の部会長に就任しました塩澄哲也と申します。
 福岡県弁護士会では、県内を地域ごとに4つの部会(福岡、北九州、筑後、筑豊)に分けており、筑後部会は福岡県南部の筑後地域(久留米市、八女市、柳川市、筑後市、大川市、うきは市、小郡市、大牟田市、みやま市、大刀洗町、大木町、広川町、黒木町、立花町、星野村、矢部村)に法律事務所を構える弁護士会員から構成される組織です。
 平成30年4月1日現在、筑後部会の部会員数は97名(内女性会員16名)です。

 筑後部会では、久留米・八女・柳川・大牟田の各法律相談センターで法律相談を行っています。各法律相談センターでの相談は原則有料ですが、多重債務無料相談、DV(ドメスティックバイオレンス)無料相談、労働者側からの相談に限定されますが労働問題の無料法律相談など無料相談も実施しています。久留米法律相談センターでは、夜間や土曜日の相談日を設けており、少しでも多くの皆様に気軽に利用していただけるように努めています。
 また、筑後部会は、紛争解決センターを設けており、経験豊富な弁護士が仲裁人となって、当事者双方が納得できる解決を図るための手続きも備えています。

 筑後部会では、市民の皆様に向けて、遺言や相続、消費者問題など弁護士が分かりやすく解説する「財産管理セミナー」を定期的に開催しています。また、近時、憲法改正が議論されていますが、市民の皆様の関心が高いと思われるテーマを選定して、毎年「市民向け憲法講座」を開催しています。地域に根差す取り組みの一環として、久留米市内や柳川市内のコミュニティセンター(公民館)での「出前法律講座」も行っています。他にも、中小企業支援のための講演会や無料法律相談会、中学生や高校生を対象としたジュニアロースクール(模擬裁判)など様々な活動を行っています。

 今後も、地域に根差す取り組みを進めるとともに、積極的な情報発信、より多くの皆様に法律相談センターを利用していただけるような相談体制構築に努めてまいります。地域の皆様の身近なアドバイザーとして、是非とも、弁護士、弁護士会をご利用ください。

 

平成30年4月1日
福岡県弁護士会 筑後部会長 塩澄哲也